ACCESSの連動コンボボックスの作り方

きっと役立つACCESSのVBA

こんにちは。伊川です。

今回は、ACCESSの連動コンボボックスの作成方法を紹介します。WEB上では、2連続ですが、3連続の連動コンボボックスの作成方法を紹介します。これを理解できれば、4連続、5連続、6連続も同じです。Excelのコンボは作成できるけど、ACCESSはできないという人は必見です。私も、最初はどのようにして作成するのか見当もつきませんでした。

ACCESSに2つのテーブルを用意する


MT_ヒーローと、MT_ヒーロー入力を作ります。MT_ヒーロー入力は空です。

MT_ヒーローを参照してコンボボックスを作ります。

入力フォームを作成する


【MT_ヒーロー入力】(入力したいテーブルを選択)して、【作成】を選択して【空白のフォーム】を選択


【フィールドリスト】⇒参照するテーブル、この場合は、【MT_ヒーロー入力】を選択します。

【ヒーロー】【名前】【必殺技】をドラック



すると、このようになります。


一旦、名前をつけて、保存してください。

コンボボックスに設定を変更する

コンボボックス属性を変更するのは下記の通りです。

コンボボックスに変更したいテキストボックスを選択した状態で、右クリック

そんで、【コントロールの種類の変更】⇒【コンボボックス】を選択



変更完了しました。

コンボボックスに値を仕込む


この状態で、コンボボックスの値を参照するテーブル、【MT_ヒーロー】を選択します。


このように、クエリビルダーが起動しますので、【MT_ヒーロー】を選択します。



ヒーローが選択されたら、右上部の【集計】をクリックします。


【グループ化】が選択されたことを確認してください。


保存するときに上記のように聴いてきますので、【はい】を選択して閉じてください。

連動コンボボックスに設定を変更

では、連動させていきましょう。


まずは、前回と同じようにクエリビルダーの画面まで進みます。


このようになったら、今度は、コードを仕込みます。


[Forms]![F_入力]![ヒーロー]と記載します。少し、飛ばしますが、3番目コンボボックスの設定はこんな感じになります。


[Forms]![F_入力]![名前]⇒これが追加になります。

フォームにクエリを仕込んで完成


デザインビューを選択します。


【ヒ―ロー】を選択して、【F4】を押して、【イベント】⇒【更新後処理】を選択します。


Private Sub ヒーロー_AfterUpdate()

DoCmd.Requery “名前”

End Sub

Private Sub 名前_AfterUpdate()

DoCmd.Requery “必殺技”

End Sub

こんな感じで、VBAのコードを記載します。深い意味はわからなくてもいいので、形を覚えましょう。

そして、自分自身で、一度作成してみましょう。

これで完成です。お疲れ様でした。


トリプル連動コンボボックス

通常の連動コンボボックスが作成できれば、トリプル連動コンボボックスも作成可能by 伊川直助

The following two tabs change content below.
直助 伊川
札幌市内のコールセンターで、スーパーバイザーをしています。 コールセンターだけあって大量のデータを扱っています。 そのためACCESS Excelのスキルは必須となっており、基本書には記載のない、現場で使える技をYouTubeで紹介しています。ホームページでは動画で紹介した技のサンプルファイルもDLできます。また、WEBで月収30万円を目指して頑張っています。競馬の予想支援ツールが競馬道ONLINEで発売されました。簡単なシステム開発も承ります。

コメント