乳幼児突然死症候群

独り言

こんにちは。伊川です。なんどか、このブログで、ユーナの事を紹介しています。12日が祥月命日なのですが、5月12日にいくのを忘れました。ダメな父親です。祥月命日にユーナに会いに行かなかったのは、死んでから2回あります。

乳幼児突然死症候群とは?

それまでの健康状態および既往歴からその死亡が予測できず、しかも死亡状況調査および解剖検査によってもその原因が同定されない、原則として1歳未満の児に突然の死をもたらした症候群

まさか、自分の子供がそうなるとは思っていなかったね。

平成23年3月12日の7時35分にご臨終と医者に言われた。東日本大震災の次の日だった。寝ておきたら瞳孔が開いていいる。抱いた瞬間にこれは死んでいると思った。119番に連絡して、救急隊から、「これは厳しいかもしれない」といわれ、俺だけが自家用車で札幌市立医大に向かった。120キロで走ったのを憶えている。

ICUに行って、医者から、

「これ以上の治療はためになりません。治療をやめてもいいですか?」と言われたよ。

俺が、「わかりました」と言った瞬間に、「ご臨終です」と宣告された。

腰がぬけるとはこの感覚なんだと思った。立っていることができなかった。

変死体となる

変死体扱いとなり、解剖が必要となる。道警もきた。自宅も実況見分されたな。結果的に、ミルクがのどにつまり、窒息という見解もあったが、乳幼児突然死症候群で処理された。葬式の手配もしたが、あの時だけは、さすがに通常の判断能力はなかったと思う。葬儀屋の言いなりだった。もちろん、葬儀屋さんは、とてもいい人だったので、ぼられることはありませんでした。

 警察で監察医の解剖が終わり、ユーナがいた場所は、霊安室じゃない。外のガレージにいた。なんともいえない。

刑事ドラマでよく、被害者が霊安室にることがあるが、本当に霊安室があるのかと思ってしまう。

警察の取調室も、何年かぶりに入った。若いときは容疑者だったけど。

親戚があつまる

 葬式のために親戚一同が集まってくる。人間とは、周期の状況があるから平静を保っていられるものだ。忙しくて、なんか、腹も減って、喉が渇いたから、ビールを飲んで。悲しいんだけど、悲しくない。これからどうなるのかが不安なだけだった。死後2日経過すると、もう、ドライアイスを使っても死臭のがする。最後に、ユーナを撮影しようと思って、ケータイを向けても、ケータイは、ユーナを人と判断しなかった。このとき、本当に死んだと痛感した。

火葬場

 なんと言っても、火葬場が耐えられなかった。1,000度で焼かれると聴いたときは、熱いんだろうなと思った。

死体でもユーなの原形をとどめているものが、骨と灰になる。止めることもできないこの無力さ。

何度も、「俺が身代わりになるから、神様お願い、ユーナを蘇らせて」なんども思った。

8ヶ月の子供の骨が、1,000度の熱に耐えれるわけもなく、粉々で出てきた。

ただ、大腿骨と、それから、これから生えてくるであろう、かわいい乳歯だけが原形をとどめていた。

「ユーナ、いつも一緒だからね」そう思いながら、ユーナの骨を食べたのを記憶している。

葬儀のあと

 これが一番つらい。親戚もだれもいなくなり、家族はいてもそんなものどうでもよくなる。

もっとも怖かったのが、ケータイ電話。写真を撮りまくっていたから、ケータイから、ユーナが次々現れる。それ以降、俺は、子供の写真を撮らなくなった。

 夜中に一人で泣きまくった。酒と泪と男と女じゃないけど、俺は、男、泣きとおすなんてできないと思いながら、また泣いた。それから、どれくらいの間、なにをしたのかわからないけど、1週間で仕事に復帰して気持ちを紛らわせて、生活した。

人の死

 これは、突然くる。東日本大震災も突然きた。よく、風化してはいけないというが、風化しないと生きていけない。その災害を忘れるということではなく、人は生きていくものだから。光氏母子殺人事件の本村さんが言っていた。

「今、私は、ご飯も普通に食べるし、笑うこともできるし、冗談もいうことができる」深い言葉だなと思った。

 

そして、乳幼児突然死症候群をブログに書いて、いろいろな人から、誘いがきた。同じ境遇の人と話し合いましょうって。

全部断った。悲しみは、自分で癒すしかない。癒す方法は、時間だけが知っている。その時間は、規則正しい生活をしている者だけに、長く、ゆっくりとした時間をかけて、悲しみを癒してくれる。最近、義母が他界したが、それほど悲しくはなかった。人の死を受け入れることができるようになったのかもしれない。今も、赤ちゃんを亡くした人がいるかもしれない。しかし、天命を全うするまで、人は生きなければならない。


The following two tabs change content below.
直助 伊川
札幌市内のコールセンターで、スーパーバイザーをしています。 コールセンターだけあって大量のデータを扱っています。 そのためACCESS Excelのスキルは必須となっており、基本書には記載のない、現場で使える技をYouTubeで紹介しています。ホームページでは動画で紹介した技のサンプルファイルもDLできます。また、WEBで月収30万円を目指して頑張っています。競馬の予想支援ツールが競馬道ONLINEで発売されました。簡単なシステム開発も承ります。
独り言
スポンサーリンク
naonaokeiyuをフォローする
スポンサーリンク
情熱とやる気の伝え方

コメント